Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< August 2017 >>






qrcode



SEX AND THE CITY [THE MOVIE] [DVD] プリティ・ウーマン 特別版 The Melody At Night, With You 君は僕の宝物 ショーシャンクの空に (UMD Video) 君がいた夏 [DVD] 天使のくれた時間 デラックス版

カウントダウン クリスマス
ホームページ制作
おみくじ
access counter today
クリック募金
うさ子
〜Preciousのブログ〜

急ぎ足で走ってきた毎日に終止符を打ち、今はゆっくり景色を眺めて毎日、色々なことを身体全体で感じて、吸収したい! どんなことにもチャレンジして、視野を広げて大きな器で物事の見れる人間になるべく修行中!

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています


| 2011.03.29 Tuesday | - | - |

年末の悲劇
00:41

今年も残り3日となった今日、私は朝から救急外来へ。

27日の日曜日、TeamBBの忘年会へ行った辺りから咳が出始め、昨日は一日からだがだるく、筋肉痛のような痛みが。

風邪薬を飲んで早く休むも、深夜から熱が上がり39度!!


年末のため、病院はどこも休み。

救急外来で診察してもらうと・・・


インフルエンザ。。。。



今年5月にグアムで感染したのがインフルエンザA型(ホンコン型)だったので、今回は新型とのこと。


5日間はお家から出ないように・・・とのことで、年末年始は独り家にこもる羽目になってしまいました・・・


何とも、年末の最期の最期に悲劇が・・・。


言葉通りの寝正月です。


やっと薬が効いて、熱が下がってきました。



そんなPreciousですが、来年もよろしくお願いしますね。



皆様、
良いお年をおむかえくださいね。

| 2009.12.30 Wednesday | 病気 | comments(6) |

インフルエンザ
01:24
JUGEMテーマ:社会の出来事 


グアムへの社員旅行へ出かけていた私たちですが、その旅行記をアップする前に、実は大変なことが起こっておりました

グアムから帰国した数日後、なんと私を含め旅行参加者11名中5人が高熱で倒れ、インフルエンザであると診断されたのです
当初、グアムは新型インフルエンザの警戒区域ではなかったため、病院も一般診療を勧められました。
最初は風邪との診断結果だったので、通常の抗生物質の投与で様子を見ていたのですが、他の社員たちも続々と発熱で倒れ、病院での診察でインフルエンザA型と診断が出たとのことで、急遽私も再度検査することになったのです
まず、発熱センターに再度連絡しその旨を伝えると、なんと、この日の朝付け(6/4付け)で、アメリカ本土だけでなく、諸島も含めたアメリカ全域に警戒区域が広がったとのこと
保健所との連携で病院を指定されて、自家用車移動、病院でも指示があるまでは車からは降りてはならず、病院スタッフの案内で、裏口の通路を使い、また、私の場合は使われていない病棟の一室での診察となりました。
完全に、隔離です
早速、インフルエンザの検査をし、この数日間の行動報告をし、まずはインフルエンザA型との判定は15分ほどで出ました。
ただし、新型のインフルエンザであるか否かは8時間程度要するとのこと。
自宅待機することになりました。

ここまでの流れをざっと、説明しておきますね

グアムに行ったのが5/28(木)夜から5/31(日)夜まで。
行き帰りの飛行機は社員11名一緒だったものの、現地では別行動。30日の夜だけ合同の食事会があっただけでした。
帰国して一番はじめに不調を訴えたのは私
帰りの車の中で喉が痛んだのと、イヤに身体がだるくて、初めは疲れているのだろうと思っていましたが、翌日の6/1(月)に37.5℃ほど熱があったため会社をお休みしました。
一日ゆっくり休んでいたらすっかり良くなり、熱は36.8℃に下がったので、翌日6/2(火)は通常通り出勤。だるさは多少あったものの、熱っぽさはひいたのでこの日もまっすぐ早めに帰宅し自宅にて療養
この日、父が午後から鼻水が酷く、夕方には熱があったようで、早退。帰宅後38℃まで熱が上がったとのこと。
私はこの日の夜中に熱が上がり38.5℃を超え始める
翌6/3(水)、早朝4時に発熱センターへ相談。
グアムからの帰国の旨、また、発熱の状況を説明し指示を仰ぐが、グアムは警戒区域には入っていないとのことで、通常の病院へ行くように指示される。
同日9時半に、かかりつけのお医者様に父と二人で診察に行く
風邪との判断で、インフルエンザの検査は無く、抗生物質を処方してもらい帰宅。
この時、万が一のことを思い、自家用車で移動したところ、駐禁をきられてしまい、更にぐったり。←余談です。
その後も、薬が全く効かず、更に熱が上がり、私は一時39.8℃まで・・・
6/4(木)、日付が変わっても症状は全く改善せず、おかしい?と思い始めた頃、会社から連絡が入り、今朝になり、更に社員二人が発熱で会社を休んでいるとのこと、その二人とも病院でインフルエンザA型と診断されているとのこと、私と父もすぐさま再検査した方が良いとのこと。
現地で行動を共にしていた私と父。それから今回一緒に参加していた妹も心配になってくる。
さっそく妹に連絡するも、まったく気配はないとのこと。
ただ、万が一新型インフルエンザだとすると問題なので、妹の住まいのある保健所に相談することに。
さしあたっては、妹は発症しない限りは通常通りの生活で良いとのことでした。
更に、この後一人が発症したとのこと

ここからは上記の通りですが、保健所と病院、さらには会社内で感染した社員の自治区の保健所等の連携で、社員旅行のメンバーリスト、また、発症前日からの時間系列で記した行動表の提出をお願いされました。
結局、新型ではなくホンコンA型という通常のインフルエンザだったのですが、もしも新型だった場合、関東での発症であれば、入院隔離は確実と言われていました。
私は良いとしても、他の社員が全員入院となると、会社が大変なことになるところでした
保健所の方から夜中の12時半に結果の連絡を頂きました。
担当の方にもお手数をおかけしてしまいました。
今や本当に新型インフルエンザ対応に力が入っているなと感じました。

二度目の病院でのお薬が効いて、ようやく6/5(金)の朝には熱が37℃代になり、ずいぶんと楽になりました。
ホッとしたのと、楽になったので、ブログのお引っ越しなんて始めちゃって、本当なら休まなくてはいけないのに・・・

ともあれ、大騒ぎになりましたが、これで済んで幸いでした。
かなり自分でもインフルエンザ対策はしているつもりだったのに、いとも簡単に感染してしまった私。

疑問も多く残ります。

一体、どこで感染したのか?
グアムのような通常は温度と湿度の高い地域ではインフルエンザウイルスは生きていられないはずなのに、そこで感染したのか?
妹だけ何故発症しなかったのか?
現地でも別行動だったはずの人間が感染したと言うことは、行き帰りの飛行機か、合同での食事会の時に感染したのか?

素人の疑問ですが・・・。


更に、予防を心がけなければ・・・と思ったPreciousなのでした


| 2009.06.06 Saturday | 病気 | comments(6) |